2016年11月16日水曜日

第41回町民文化祭《11月3日(木)~6日(日)》


11月3日(木)~6日(日)に、「第41回町民文化祭」が開催されました。
 3日(木) → 開会式、作品展示、ステージ発表、お茶席、陶芸体験
 4日(金) → 作品展示、陶芸体験、文化講演会
 5日(土) → 作品展示、芸能発表会
 6日(日) → 作品展示、閉会式




















今年もまた、多くの町民の方にご出展、ご発表いただきました。たいへんありがとうございました。
また、大勢の方に町民文化祭に足を運んでいただいたことに、厚く御礼申し上げます。

今後とも、女川町教育委員会生涯学習課事業へのご支援を、よろしくお願いいたします。


2016年11月11日金曜日

町民ミニ運動会《10月16日(日)》

10月16日(日)に、総合運動場の第2多目的グラウンドで「町民ミニ運動会」が開催されました。

とても気持ちのよい秋晴れの下、6チームに分かれて様々な競技を楽しみました♪
運動会のオープニングを飾るのは、女川小学校の鼓笛隊の演奏です!

ラケットに乗せたボールが落ちないように、絶妙のバランスで走ります♪

小学校1・2年生による「移動玉入れ」。動くカゴめがけて、えいっ!

恒例「パン食い・アメ食い競争」。競技後の白い顔に、拍手喝采でした♪

小学校3・4年生による「新聞紙リレー」。飛ばされないようにするのがムズカシイ! 

ご存じ「綱引き」。なかなかの熱戦でした! 熱戦すぎて、こっ、こしが・・・。

小学校5・6年生による「おたすけ綱引き」。高学年児童のチームワークが光りました♪

最後の競技は「玉入れ」。目指すは優勝。玉よ、入っておくれ~!

笑顔をたくさん見ることができた町民ミニ運動会でした。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました♪

子ども司書養成講座閉講式《10月1日(土)》

全7回の「子ども司書養成講座」の閉講式が10月1日(土)に行われました。
今年度は、7名の小学生が「子ども司書」の認定証を受け取りました。
【受講を終えての感想】 ※一部抜粋

○読み聞かせでは、小さい子がたくさんいてきんちょうしたけど、しっかりと読むことがで
 きました。言いまちがいもなかったし、みんなしんけんに聞いてくれていたので、大成功
 だったなと思いました。活動の仕方を教えてくれたみなさん、ありがとうございました。

○司書講座でNDCの番号を学んで、本のもどし方が早くなりました。宮城県図書館では、
 本がたくさんあったり、昔の新聞があったりして、いろいろ読んでみたかったです。図書
 委員会に入ったら、レファレンス、本の貸し出し、返却処理など、学んだことを生かした
 いです。 
○宮城県図書館に行って特におどろいたことは、40年前の古い新聞をマイクロフィルムに
 していることと、電気の力で動く書庫があったことです。つながる図書館も県図書館のよ
 うに、多くの人に利用される図書館になってほしいです。

○一番の思い出は読み聞かせです。「100かいだての家」を選んだけど、けっこう長かっ
 たです。だけど、保育所の人は静かに聞いてくれました。うれしかったです。大人になっ
 たら司書になるという夢もふえたので、本当にいい体験ができたと思います。

○1回目は新しいカードを作り、2回目はブックマートかけやポップの作成をし、3回目から
 は宮城県図書館について学びました。8月17日には県図書館に行きましたが、初めてすぎ
 ることがいっぱいでした。いろいろな体験ができて楽しかったです。
○保育所のうさぎ組さんで読み聞かせをしました。反応がなかったので内容が分かっている
 か心配でした。でも、1人指をさしてくれたので、分かってくれたように思いました。そ
 の時は、よかったと思いほっとしました。

○楽しかったことは、カウンターの仕事と宮城県図書館に行って体験をしたことです。はじ
 めは、ただ本が好きでみんなと司書の勉強をしてきました。でも、だんだんとたくさんの
 本をみんなにしょうかいしたいと思うようになりました。    

子ども司書のみなさんには、読書の楽しさをみんなに広める役割を担ってほしいです♪

2016年11月1日火曜日

出前講座「認知症予防について」 《平成28年10月11日(火)》

10月11日(火)に清水地区仮設住宅集会所にて出前講座が開かれました。

テーマは「認知症予防について」で、講師として女川町社会福祉協議会の職員の方においでいただきました。

認知症の方への対応の仕方や、認知症を予防する方法などを教えていただきました。




ちなみに、認知症の予防には「歩きながらしりとりをする」ことや、「きょう1日の出来事を思い出す」ことなどが効果があるそうです。

出前講座には「認知症予防」の他にもいろいろなメニューがあります。生涯学習課で受け付けておりますので、ご希望の際はご連絡ください(℡ 0225-53-2295)。

スポーツ・レクリエーション祭《平成28年10月10日(月)》

10月10日、体育の日。女川町総合体育館を会場に「スポーツ・レクリエーション祭」が開かれました。

8種類の「体力テスト」と、4種類の「レクリエーションスポーツ体験」と、「3B体操」のコーナーを設置し、スポーツに親しんでもらいました♪

これは「バッゴー」というニュースポーツです。

これは「ラダーゲッター」です。

「3B体操」をしているところです。

これは「ユニカール」です。カーリングに似ています。

これは「シャッフルボード」です。

「体力テスト」の種目のひとつである「20mシャトルラン」です。


女川町総合体育館は、通常9時~21時まで利用可能です。

バスケットボール、卓球、バドミントンなどができます。女川町内に住んでいる方、もしくは女川町に勤務されている方は、無料でご利用いただけます。

町外の方もご利用いただけます(1回2時間まで、時間の延長可、大人100円、中学生以下50円、用具レンタルは1つにつき50円)。

月曜日が休館となっています。月曜日が祝日の時は、開館しています。

問い合わせ先は、女川町総合運動場(0225-53-3151)です。 
ぜひご利用ください♪



2016年9月15日木曜日

子ども司書養成講座《9月10日(土)》

9月10日(土)に「子ども司書養成講座」が開かれました。
今回は「図書館カウンターの仕事」を体験しました。

まず、図書館司書の方から仕事の内容について教わりました。6月から始まった子ども司書養成講座も今回で6回目になり、参加している小学生も、司書の仕事にだいぶ慣れてきました。

利用者が借りたい本を探すのも司書の仕事のひとつです。利用者の要望に対応すること(リファレンス)の大切さを学びました。


図書館に新しく納入された本を貸し出しできるようにするまでの準備作業についても学びました。バーコードシールを貼ったり、検索用コンピュータに登録したりと、様々な手順があることを知りました。

次回、10月1日(土)が最終日(閉講式)となります。

なお、11月29日(土)~30日(日)に「図書まつり」を行います。楽しいイベントがたくさんありますので、ぜひご参加ください。


出前講座《9月9日(金)旭が丘仮設地区》

旭が丘仮設地区から出前講座の依頼をいただき、集会所で「カルタ取り」をしました。

生涯学習課にある手作りの「文化財カルタ」と「女川弁カルタ」を使いました。

「文化財カルタ」には・・・
    『けんじ(健治)の碑 700年も 前のもの』
    『てんぐの仕業? 出島配石 遺構群』
    『目じるしは 一本杉だよ 御殿峠』 などがあります。 

「女川弁カルタ」には・・・
    『あめっぷり すっぱねあがっから 気ぃつけで』
    『こえごど~ がおるっちゃ~ まぐれだ~ きしゃまったっちゃ~』
    『ちょどしてろ てそずらすね~ごど!』 などがあります。

様々な地区の方に参加していただいたので、カルタにない女川弁も教えていただきました。

 例:「おどのぐち」=玄関、「ちんぴちょ」=急須、「ねいろ」=(船を)前に進ませろ

今回、参加していただいた5名の方の女川弁と笑い声が、明るく響く出前講座でした♪

なお、「文化財カルタ」と「女川弁カルタ」は貸し出しも可能です。
ご利用になりたい方は、生涯学習課(℡ 0225-53-2295)までご連絡ください。
大型のカルタもあります♪